スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--/--
--:--
スポンサー広告

たまにはきちんとエドロイを(笑)

最近タイバニ、タイバニ言ってるので、ちゃんと管理人の心はエドロイですよーという心意気を(笑)
本日の駄文は(ほんとこんなもんですみません)一葉さんに捧げます。
サイト復活おめでとうございまーす\(^o^)/



「そうだ。あんたにこれやるよ」
そうエドワードが言い出したのは、報告書のやりとりも終わり、一通りの嫌味の応酬の後だった。
執務机の片隅に腰かけた最年少の国家錬金術師は、赤い服を着たクマのキャラクターのキーホルダーを無造作に机にころりと転がす。
何の脈絡もなく転がされた物体に、ロイはきょとんとエドワードを見つめる。
どうにも目の前に転がっている物体と、それを差し出した少年が結びつかなくて。
少年の趣味と言うには、あまりにも可愛い過ぎるキャラクター。
いや、そもそもこの少年は自分に土産と称する物を買ってきた事は、いまだかつて一度たりともなかった。
そんな少年がいきなりこんな行動に出たら、驚くなという方が無理だ。
「・・・これは、これは・・・。君にしては随分と可愛らしいお土産だな」
いったいどういう風の吹き回しだい?という言葉を辛うじて飲み込んで、ロイから出たのはそんな問いかけ。
「・・・いらないなら返せ」
一気に不機嫌になる少年に、ロイはまあまあと静止をかける。
ちょうど仰向けで転がったクマは、真っ黒な瞳でじっとロイを見上げていた。
その可愛らしい姿にクスリと笑いをもらしたロイは、転がされたクマのキーホルダーを手に取った。
人差し指の先ぐらいしかない小さなクマにつけられたストラップを持って、ロイは目の前でゆらゆらとそれを揺らす。
なかなかどうして、小さいくせに精巧に作られているらしいクマは、愛らしさをまんべんなく振りまいている。
「ちょっと驚いただけではないか。別にいらないとは一言もいってないよ」
「言っておくけどなぁ、俺だって好きでこんなことやってるわけじゃねーよ!今度行った地方ではそれが流行りの土産だって言うから・・・」
「なるほど。これはアルフォンス君の趣味か。どうりで可愛らしいはずだ」
柔らかい笑みを浮かべて、ロイはそっとクマを手のひらで包み込む。
その無意識の笑みにエドワードは息を呑んだ。
大人がこうして時折見せる笑顔が、エドワードは苦手だった。
普段は胡散臭い笑顔ばかり見せているくせに、不意に見せる顔がとても優しいから。
だから自分は特別なんじゃないかと、期待してしまう。
分かっているのだ、
本当は特別でもなんでもないことなど。
自分は彼にとって都合の良い手駒になれそうだから、近くに居られるだけなのだ。
たったそれだけの関係なのに、自分だけが彼の行動に一喜一憂するのが悔しくて。
だからいつもそれを悟られないように、反抗的な態度ばかりとってしまう。
妙な意地を張っているという自覚はあったが、今更どうすることもできない。
「ありがとう。これはありがたくいただいておくよ」
「ま、一応そのクマは持っていると持ち主に幸運が訪れるらしいし?もっておいても損はねぇんじゃないの?」
本当はこんな事が言いたいわけじゃ無いのに、勝手にしゃべる口が止められない。
「おや、鋼のらしくもなく、非科学的な事をいうね?」
案の定ロイは先ほどまでの柔らかい笑みを消して、いつものエドワードをからかう顔に戻ってしまう。
それが酷くもどかしい。
「うるせぇ!せっかくの俺様の土産なんだから大切にしろよ!」
つまらない反論にむっとしながら、エドワードはひょいと机の上から降りる。
本当にこの大人と会話をしていると、心が平静を保っていられない。
早々に退散すべきだと判断したエドワードは、差し障りの無い理由を口にする。
「じゃ、俺はほかの奴にも土産渡さないといけないから、そろそろ行くからな」
じゃーな!と言って手を上げるエドワードに、ロイはひらひらと手を振る。
「ああ、報告書へのサインは明日までに仕上げておくから、また明日寄りなさい」
「へいへい」
嫌そうに肩を竦めながら、エドワードはドアの向こうへ消えていく。
ぽつんと一人取り残されたロイは、笑みを消してもう一度エドワードのくれたクマのストラップをまじまじと見つめる。
「そうだな、私だけなんて事あるはずがないな・・・」
一瞬でも自分にと聞いて喜んでしまったのが、なんとも居たたまれない。
所詮エドワードにとって、自分は大勢いる軍人の一人という認識でしかないのに。
「まぁ、土産を買ってきただけでもよしとするか・・・」
ころんと手の上で転がるクマのキーホルダーだけが、ロイの寂しそうな呟きを聞いていた。



エドワードが旅立ってから数日後。
ハボックと午後から視察に出る予定の入っていたロイが執務机に鍵をかけていると、その手元をのぞいたハボックがカギにつけられたキーホルダーに目ざとく気が付いた。
「あれ?大佐のそれってもしかして大将にもらった奴ですか?」
「ああ・・・大きさがちょうど良かったのでね、キーにつけているんだ」
赤い服を着たクマは、常に赤色のコートを身にまとうエドワードを彷彿させるのが少々問題ではあったけれども、さすがにそれを口にすることはできない。
「確かに、キーにつけておくと便利ですよね。このまま引っ張りだせるのが何とも・・・」
俺も付けてるんスよ、と言いながらハボックが見せたキーには、青い服を着たぬいぐるみがぶら下がっている。
「ほー。お前のは青なのか」
「ええ、軍服と同じだから丁度良いだろうって言って皆に配ってましたよ。幸運が訪れるってなんかいいですよね。幸運って俺に彼女が出来たりとか・・・」
「お前は子供の土産に、どれだけ過剰な期待をするつもりなんだ」
冗談めかして言うハボックに、ロイは苦笑を浮かべる。
「どうせ大佐に俺の気持ちは分からないですよ」
全くいっつもいっも人の目のつけた彼女を奪っていくくせにとぼやくハボックは無視して、ロイは改めてハボックのクマを見つめる。
「なる程な。このクマには色んな色があるのだな」
他には何色があるんだ?と何気なく言ったロイを、ハボックがきょとんと見つめる。
「あれ?大佐もしかして知らないんですか?」
「は?何をだ?」
「このクマのキーホルダーは基本青なんですよ。赤はレアカラーでめったに手に入らないって噂ですよ?」
「え?それではこれは・・・」
ロイは自分のキーにつけられたキーをまじまじと見つめる。
自分の持っているクマは、まさにそのレアカラーと言われている赤だ。
しかしエドワードは自分にこれを渡す時に、そんな事は一言も言わなかった。
「俺はてっきり貴重な赤だから大切にしろって言われているかと思ってましたよ・・・」
「いや・・・私は何も聞いてない・・・。鋼のも知らなかったのではないか?」
「いやいや、弟と一緒に買ったならそれはないでしょう」
「それじゃあ・・・鋼のは敢えてこれを私に・・・?」
「ぷっ。口ではなんだかんだ言いつつ、大将も大佐のこと心配してるんですねー。大将も素直じゃないなぁー」
「・・・なんだそれは」
ハボックの言っている言葉の意味が分からなくて、ロイの眉間にしわがよる。
そんな子供っぽい上司の姿に苦笑を浮かべながら、ハボックはクマを突っつく。
「この赤いクマは滅多にないからこそ、引き寄せる幸運も青とは比べ物にならないぐらい強いって言われているんですよ。何かと危険と隣り合わせの大佐の事を、大将なりに心配してるんじゃないですか?」
「・・・そんな事あるか」
あの少年が、自分の身を案じてくれてるなど。
そうそっけなく返すものの、赤くなっていく頬は隠せなくて。
「大佐ぁ~?なんか嬉しそうですけど?」
「う・・・うるさい!くだらない話をしてないで、さっさと行くぞ!」
「へーい」
あからさまに誤魔化しているのがわかるロイにやれやれと肩を竦めながら、ハボックはおとなしく後に続く。
全く素直じゃないんだから・・・と心の中で呟かれたのは、果たしてどちらに向けての言葉だったのか。



赤いクマに込められた願いを、ロイが本人の口から聞くのは数か月後の事。




・・・というわけで、久しぶりに乙女な大佐でお送りしました。
管理人の大佐は基本乙女(?)ですが、今回は更に乙女度アップみたいな?(当社比1.25倍)
因みにクマは別に、某ネズミの国のアレを意識したわけではありません。
なんとなくです、なんとなく。
スポンサーサイト
2011
07/31
12:41
小説

ヒーローブックかりたよ!ヽ(*´▽)ノ♪



会社の人がさらにハマるがよい!とオフィシャルブックを貸してくださいました。
や。もうこんなんかりなくても、十分はまってますが・・・。
そしてやっぱり会社の人も腐よりでした・・・(;´∀`)
まぁ青エクはそうでもなかったのに、やたらとタイバニを押してくるところから、そんな予感はしていましたが(笑)
これで会社の人で腐を見つけたのは二人目だなー。
結構長いことあの会社にいるのに、案外少ないもんだ。
しかし、今日は会社の人に同人なんてやって平気なの?って聞かれてしまいましたが。
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工この仕事してる人って同人やっちゃいけないの!?
・・・考えもしなかったけど(^_^;)
ダメってことはないでしょう、ダメってことは・・・(笑)
どうでもいいですけど、ヒーロースーツ着てるバニーちゃんて、OOのグラハムに見える・・・。
え?そんなの管理人だけ?
やっぱり折紙君は可愛いなー。
天然紳士のスカイハイさんといいコンビだよ、(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
2011
07/30
21:06
未分類

クロニクル買ってきたよー



珍しく地元の本屋さんがしおり配ってた(^◇^)
ので、せっかくなので二枚とも鋼をもらってみました。
やっぱりエド様かっこええ・・・(´∀`*)ポッ
まだクロニクルの中身は読んでないけど(←そしてそのまま本棚に突っ込んで終わりそうな気も)、黒執事は珍しく買った当日に読んだよ。
おおおおお、まさかのエリザベスキタ――(゚∀゚)――!!
元々エリザベスは好きでも嫌いでもってキャラでしたが、この巻読んで一気に好きになったよ!
エリザベス可愛い~~~可愛い~~~可愛い過ぎる!!
そうだよ、よく考えたらこの子フランシスさんの娘だもん、こうあって然るべきだったんだよ。

父「二人一緒なら心配ないな」
母「ええ。あの子は必ず婚約者を守り抜く」

ってそう言う意味だったのね!(゚д゚)!
つーか、ミッドフォード侯爵家が恰好よすぎる(><)
13巻が超楽しみです。

そういえばタイバニですが。
結局一人で騒いで盛り上がって、やれ虎兎だ、虎薔薇だと言っていましたが。
某タイバニサイトさんの漫画がめっちゃツボで。
結局空折に落ち着きました
うぉぉぉおおぉぃ!最初の原型とどめてないがな!
友達にもどっから突っ込んでいいか分からんと言われる始末です。
だって、スカイハイさんの天然と、折紙君の純真さがいい具合にツボに入ったんだ。
二人は回りの空気読まないで、いちゃこらしてると良いよ。
それでタイガーがバニーちゃんに、俺たちもあんな風にイチャつこうぜ~とか羨ましがっちゃえばいいんだ。
んで「おじさん・・・。頭大丈夫ですか?」とか冷たくあしらわれてるといいよ。
管理人はここしばらく、チカナリ(←バサラ)にはまってたので、どうにもツンツン属性が残りますな(笑)
や、折紙君はキースさんに素直になついてると思いますが。
あのジェイクの回で入院してるときとか、あの後二人が同室になったら良いのに!とか。
シスを待ち続けるキースさんに、折紙君が声をかけてあげればいいとか!
なんか無駄に妄想渦巻く今日この頃。
しかし・・・。
あの二人だと、お付き合いはどこまでも健全なような気がします(^_^;)
2011
07/29
23:04
未分類

3DSが値下げですと!?Σ(゚д゚lll)ガーン

しかも、まさかの一万円値下げ!
発売日直後に買ってしまった管理人には、そこそこのダメージです。
最近赤い3DSも出たしさ(>_<)
まぁ、初期に買うっていうのはそれなりのリスクを背負うので覚悟はしていましたが、一万円はやはりでかいなぁ・・・。
しかし、一応任天堂としても、初期の購入者に不満が出るのは分かっているのか、DLゲーム20本無償で提供してくださるそうですよ。
・・・まぁ、本来最初に買った人達は放置されても仕方ないのに、20本DLさせてくれるだけでも、破格の扱い・・・かな?
でも無償DLするためには、あらかじめ登録が必要らしいので、3DS持ってる人は早めにニンテンドーeショップにつないでおきましょう。
詳しくはコチラ
無償の割には、良いタイトルそろってますよね♪
2011
07/28
21:35
未分類

ってなわけで。

本日輪番休業でお休みなので、こんな時間に投稿です(笑)
一気にタイバニを見て一夜が明けましたが・・・。
なんか冷静になって考えてみると、CPは虎薔薇がいいなー・・・なんて。
・・・・・・・・・・・・。
うおぉぉぃ!また大ジャンルの中の小ジャンルかよ!!!
だってブルーローズ可愛いんだもん!
普段BLやってますけど、始まりがノーマルであるように女の子大好きなんだよぅ!
女の子が可愛いと、すぐにノーマルCPに落ちてしまう。
ヘタリア、ぬらりひょん、ブリーチ、ナルト・・・結構あげだすとキリがない。
まぁ、少数派なんでしょうけどね(^_^;)
因みに見た目で一番好みは折紙だったり・・・。
やっぱり管理人はちっさめ(実際折紙って小さいの?周りがでかいだけ?)の人が好きらしい(´Д`)
しかし折紙って多そうなのは空折なんですよね・・・。
うーむ、折紙相手でもこてっちゃんがいい・・・。
こてっちゃん管理人の中で大ブーム(笑)
というわけで、管理人の中ではこてっちゃん攻めの立場が確立されつつ。
しかし現在なら、虎兎でも兎虎でも書けそう(笑)
や、書きませんけど。
と、のんびりとこんな事書いてたら、家族から呼び出しかかってしまった(^_^;)
急遽おでかけだーΣ(゚д゚lll)ガーン
2011
07/28
10:23
未分類

と・・・取り敢えず17話まで見終わったよ・・・

で、何時だ?て、工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工←わざとらしい
ぎゃー半分徹夜みたいなもんじゃん!
タイバニ恐ろしや、取り敢えず寝よう・・・。
しかし、今回の突っ込みどころ。
たった10ヶ月の間に何があったんだバニー!!(><)
(あと、OPの歌バンプ意識しすぎ)
怒涛のバカップルモード?とは言ったけど、まさか本気であそこまでデレてるとは!
つか、あんなバカップルになったのは、これからの展開に向けての複線みたいで怖いよ((´д`)) ブルブル

・・・とまぁ、なんかひたすらタイバニーvとか言ってますけど、管理人はあくまでエドロイの人なのであまりお気になさらず・・・あ、別にどうでもいいですか?(笑)
管理人のストライクゾーンはあくまで16歳ッ!←威張るところじゃありません。
タイバニの二人は10代じゃないですからねー。
ただ、話的には面白いので、最後まで頑張ってみようと思います。
こてっちゃんの宣言が、どうか死亡フラグじゃありませんよーに・・・。
さてさて、今日はタイバニに時間ついやしたから、明日か明後日には、ロイロイの続き書きたいなー。
2011
07/27
04:26
未分類

13話にしてバニーのデレキタ――(゚∀゚)――!!

・・・って、何一気見してんだよ、って話ですが(^_^;)
や、でも、コレ面白いよ。
まさかのこてっちゃん二回目の姫抱っこ(笑)
取り敢えず突っ込みどころはいっぱいあるんですが、藤原さんの声で指はじいてる人と、小物の悪役の名前がエドワードってのが気になりました(笑)←そこかよ
バニーもツンかと思えばあっさり泣いてみたり・・・うん、まぁ、可愛いから良いけど(笑)
というか、こてっちゃんは邪魔ばっかしてると思ったら、美味しいとこ持っていきますよね。
「お前が俺を信じてくれるって、俺は信じていたからな・・・( ̄ー + ̄|☆キラッ」じゃないっつーの!
なんだこれ、なんだこれ!狙ってるとしか思えないアニメだよね!!
初めてバニーがこてっちゃんの名前呼んでくれた事だし、ここから怒涛のバカップルモード展開ですか?
くっ・・・久しぶりに男同士の友情に萌えたぜ・・・|||orz
とそんな管理人は現在、タイガー×バニーかな~。
正直どっちも受けっぽい気はするけど、まぁ主役は攻め!の精神と、ツンは受け!の精神にのっとってこのカップリングで。
しかし年下のブルーローズが一番しっかりしているように見えるのは、管理人の目の錯覚か。
ブルーローズは別枠で可愛いッスね~(><)ノシ
やっぱり桂先生デザインの女の子は、色っぽくて可愛いよ!
というわけで続き見てこよう・・・。徹夜にはなるまい・・・(^_^;)
2011
07/27
02:15
未分類

工工工エエエェェェェ(゚Д゚)ェェェェエエエ工工工姫抱っこてそっち!?

というわけで。
会社の人から、タイバニのDVDの一巻と二巻(こっちはなぜかブルーレイ)かりたので(←会社の人・・・もはや子供が見てるから自分も見てるのレベルじゃないだろー・・・と心で突っ込みつつ)、ただ今鑑賞中です。
姫抱っこって話はちょこっともれ聞いてたけど、抱っこされるのそっちかよ!的な。
虎徹可愛いよ、虎徹!!(><)ノシ
うーん、これはちょっと面白いかも・・・けど、この続きは管理人はどうやって見たらいいんですかね・・・(笑)
しかーし、今は虎徹可愛いとか言ってますけど、管理人の第一インスピレーションは大概あてにならないので、最終的にハマる事になったとしても、落ちる人は別の人の気がします・・・|||orz
何しろ管理人最近のCPで初志貫徹してるのって、エドロイぐらいで・・・(^_^;)
某アイドルグループも、バサラも最初に騒いでいたCPとは全く関係ないところに現在落ち着いてますからね(笑)
大体後で友達に、最初は××が良いって言ってたのに・・・と、笑いのネタにされてます(;´Д`)
因みにご存知の通り(?)管理人の最初のバサラCPはダテサナでしたが、現在は瀬戸内オンリーです。
真田×毛利もいいなーvとか言い出す始末だよ!(笑)
そんなこんなで、タイバニの続き見てこようーv←テスト勉強しなさいよ・・・
2011
07/24
22:01
未分類

今日のおやつは…


ノンファットチョコレートチップバニラクリームフラペチーノです。
チョコチップは食感が好きだなー。
…って、原稿もせず、テスト勉強もせず、遊び歩いている場合では…f(^_^;
2011
07/24
14:41
未分類

明日はお休みだぜぃ!v( ̄Д ̄)v イエイ

会社でぐちぐち「国立落ちたー」と嘆いていたら、パートさんに煩いと怒られた中原です、こんばんは。
いや、もちろんパートさんも冗談で言っているので、そんな殺伐とした光景ではないので誤解無く(笑)
文字だとその辺のニュアンスが伝わらないのが何とも・・・。
因みに既に休みをくれと言っていた上司には「私の夏は終わったので休みの申請を取り下げます」言うたら「そんなん。オクでもなんでもチケット買えるんだったら、高くても買ったらええやん」言われました。
馬鹿たれー!金にもの言わせて行ったって嬉しくないんだよ!
自分の力で行くから楽しいんじゃないか、乙女心(←突っ込み禁止)のわからない奴め!(`´)
(本音→いやそんなお金あったら苦労ないし)
とまぁ、そんなやり取りがあったり無かったり。
取り敢えず嵐のアルバム聞くと妙に悲しくなるんですけど、やっぱり聞いていると妄想膨らむので相変わらず音楽はかけっぱなしにしてます。
・・・まぁ、管理人はPCで作業中というか、文章打つ最中は無音を好む人なので、かけてない時間も結構あるのですが。
別の日を申し込んでくれていた無敵のコミケ当選率を誇る友達も落ちたし、パンピの友達も全員が国立全滅したって言っていたので、今回の国立の倍率の高さには驚かされるばかりです。
ああ・・・嵐がどんどん遠くなっていく・・・。
昔はアリーナで見れたのにな。

と、話は変わりますが、明日は管理人久しぶりに何の予定も入ってないお休みです。
なんだかここ一ヶ月近く休みすべてに予定が入っていたので、久しぶりにのんびりできるお休みです\(^o^)/
のんびり家事にいそしみつつ、いい加減夏コミの原稿を始めたいと思います。
しかし、管理人7、8月と連続でテストもあるので勉強もしないとなんですよね・・・(´Д`)ハァ…
相変わらずバタバタした日が続きますが、サイトの更新もしたいです!
最近バサラとかにも激しく浮気していましたが、やっぱりエドロイが一番(笑)

以下は拍手のお礼につきたたみます
続きを読む »
2011
07/14
23:10
未分類

ガ━━(;゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━ン!!!!!

嵐の国立コンサート落ちた・・・|||orz
ちょっと立ち上がれないぐらいにショックなんですけど・・・。
くっ本格的に嵐ファンを初めて早8年(ぐらい・・・?)コンサートに落ちた事なんて無かったのに(つд⊂)エーン
・・・正直にわかファンが憎いです(こらこら)
できることならこのまま傷心旅行に出たい気分です。や、仕事がいま昼食べられないぐらい忙しいので出ませんけど。
うう・・・泣いていても始まらないので、気分を変えるためにもぽちぽちと小話書いてみようかと思います。



あ、今回の話はエドの子供が出てくるので、結婚前提話なので嫌いな方は読まないでくださいね。
続きを読む »
2011
07/13
22:25
小説

スマホ・・・

最近友達が次々とスマホデビューしていくような気がします。
管理人が次はスマホかな~とか呟いてたら、「え?私はまだ当分携帯でいくよ?」と言ってた人までスマホデビューってね。
ちくしょう、置いてかれた!(←ちくしょう、持ってかれたのノリで)
管理人この前携帯変えたとき、敢えて携帯のままにしたのはその方の一言が大きかったからってのも理由の一つなんですけど・・・(;´Д`)
スマホデビューしたと聞いたとき、うぉぉおぉい!と心の中で突っ込んでいたというは、内緒です。
まぁ、最終的に携帯に決定したのは管理人なので、別にいいんですけど。
会社の人にはえーやっぱりいまどきはスマホにした方が良かったんじゃない?って笑われた・・・|||orz
いいんだもーん、あっちこっちに振り回されるのが管理人の運命なんだもーん。
・・・もう慣れたさ(ノД`)シクシク

さて話はがらっと変わりまして、最近のジャンプ。
保健室の死神も終わっちゃったし、危惧していた戦国アーマーズも案の定(?)終わっちゃって寂しい限り。
でもでも最近またぬらりひょんの孫が面白いなーと。
というか、リクオとつららのコンビが可愛い過ぎるー(><)はぁはぁ。
ぬらりひょんの女の子の中では、管理人つららが一押しなので、最近リクオ様と一緒の活躍がおおくて嬉しいです。
もう、二人ともさっさとくっついちゃいなYO!的な(笑)
あー、健全カップリングってどうしてこんなに可愛いんだろう!

更に話が変わりますけど(展開が急ですみません)
管理人の発行物の通販ご利用いただきまして、ありがとうございますー。
おかげさまで花宴は完売しましたー。
神サマの居ない世界では、いよいよ本編と番外編の数が合わなくなってきています(;´∀`)
こんな事なら本編のあとがきに、今から番外編作るとか書かなきゃよかった(笑)
2011
07/11
20:20
未分類

うう、輪番休業・・・

本日は愚痴ってるだけなので、閉じときます・・・。
色々弱ってる最中なので申し訳ありません。
続きを読む »
2011
07/10
23:22
未分類

あと一日~

日曜日はいつもの(?)メンバーでお買い物の約束をしたのですが、そのメンバーは管理人が仕事をしている明日は優雅にマッサージに行くらしいですよ。
う・・・羨ましくなんてないもん!
管理人は明日通院の日なんですけど、仕事になっちゃったから行けないかなー。

ま、それはおいといて。
明日はいよいよ鋼の映画の公開日ですよね。
興味ないよみたいな事を言っておいて、なんかあちこちの企業に煽られて見に行きたくなってしまいました・・・|||orz
つっても、取り敢えず明日は仕事ですけど。
水曜日とか中途半端に休みだから、水曜日にでも行ってこようかな。
映画もさることながら、先着特典が気になるよ・・・。
そんなわけで、久しぶりにナンジャタウンにも行きたい管理人。
だってナンジャタウンは今鋼とコラボ中・・・。
しかし、一人で行くのも・・・なんかあまりにも寂しい人過ぎて・・・(笑)
基本単独行動は平気な人ですが、ああいうテーマパークに一人というのは・・・うーん(^_^;)
でも一緒に行ってくれそうな人も思いつかないので、一人で行っちゃおうかなーと思ったり。
せっかくの輪番休業で平日が休みになっているのだから、有意義に使いたい。
・・・果たして鋼の為に走り回っているのが、有意義がどうかはともかくとして(笑)
2011
07/01
23:39
未分類
TOP
鋼の錬金術師

カテゴリー
最近の記事
プロフィール

中原光希

Author:中原光希
熱しやすく冷めやすい典型的なB型人間。
良くも悪くもマイペース。

同人界には珍しい(?)、攻め様に愛情を傾ける派。
基本16才ぐらいの少年と青年の狭間にいるぐらいのキャラに萌ゆる。
シンフォニアクリアしてない、攻めでもない、少年でもないクラトスさんに何故すっ転んだのか自分でもよくわからないまま愛を叫ぶ日々。
父さんが好きすぎて辛い(笑)

親バカ、子バカ、シスコン、ブラコン大好物。
身内に甘いキャラがとても好み。
CP傾向は年下×年上基本。
年も力も上な受けが、攻めに迫られてわたわたするのがいい(・∀・)

日記への突っ込みお待ちしております。
誹謗中傷はNGですよ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。